ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

花火大会『浴衣』の知識③〜キレイな着姿をつくる夏用の前板・伊達締め・コーリンベルト

 2015/07/27  

image
せっかく浴衣を着るならキレイに見せたいもの。

帯の前の部分がフニャフニャで、よれたり折れている人。
着物が着崩れて前が飽きそうになっている人。

残念ですよね。

確かに浴衣はカジュアルなもの。上手に着崩せば格好良く見える場合もありますが、大抵はだらし無く見えてしまいます。

見ているこっちも「何だあれ!帯芯ちゃんと入ってんのか!?伊達締めしてんのか!?」とびっくりです。

そんな着付けの悩みを解消するお助けグッズ、「帯用」と「浴衣用」をご紹介します。

スポンサーリンク

帯編〜キレイに見せる〜

暑い夏には夏用を

暑い時にお腹の周りに何枚も重ねて着るのは恐怖ですよね。

そこで役立つのが夏用の「前板」と「伊達締め」。

メッシュの前板


超便利、前板のメッシュバージョンです。本来の前板に比べて薄くてペコペコしていますが、十分キレイに着られます。上手に着れば、浴衣だけでなく一重の着物や春先の暑い日の着物にも使えるので、一枚持っていると重宝です。

メッシュ伊達締め



メッシュの伊達締めは長さが色々あるので長さに注意して買いましょう。

浴衣編〜キレイに着てお食事へ〜

着崩れ防止にコーリンベルト



着崩れを心配せず活動的になれる必須アイテム。着物を着る多くの人が活用しています。コーリンベルトはゴム付きクリップです。クリップを左右の衿にはさんでゴムで引っ張ります。

外での食事に袂(たもと)クリップ



外食の際、邪魔になる袂(袖の下の部分)を後ろに流しておける便利グッズ。使い方は、片方の袂をクリップではさみ、背中の帯の上を通って、反対側の袂もクリップで留めるだけ。手で袂を除けながら遠くのものを取る…ってのも色気があって良いけど、絶対途中で面倒くさくなるから!!

まとめ

着物を着慣れていないと動きが大胆になって着崩れやすいものです。でも、無理に慣れない動きをしていると花火大会も楽しめないですよね。

だったら動いても着崩れにくいように、補助してあげるのは大切なことです。せっかく浴衣をお洒落に着るなら、しっかりと着つけて思いっきり楽しんで下さい。