ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

簡単おやつ~材料3つ!オーブンを使わないサクサク『ショートブレッド(クッキー)』

 2015/07/24  

スコットランドの伝統菓子、ショートブレッド(カロリーメイトみたいなやつ)の作り方を少しアレンジしました。

サクサク・ホロホロの超絶簡単クッキーを作りましょう。

オーブンいらず、魚焼きグリルかオーブントースター、フライパンで焼きます。

慣れたら、焼き上がりまで15〜20分!
失敗知らず、私は今はもう量りも使わない〜(^^)

スポンサーリンク

基本のショートブレッド

材料

  • 薄力粉…100g
  • 砂糖…30g<
  • 油…35〜40g

甘すぎないのが好き派(と自分では思っている)のレシピなので、砂糖の量はお好みで調整して下さい。

2回目以降は計らないでざっくり作れるようになりますが、1回目は計って作ると感覚がつかみやすいと思います。

秤がない人は下記リンク先の表を参考にすると便利
リンク⇒計量スプーン・カップ 重量表

(油はオリーブオイル、サラダ油、バター、マーガリン何でも)
(バター、マーガリンの場合は少しレンチンして溶かしておく)
(塩をほんのひとつまみ入れると甘さが引き立つよ)

作り方

①生地を全て混ぜてまとめる

ボウルに材料全てを入れて、コネコネ混ぜるてひと塊にし、そこから更に2〜3分こねる。(生地がまとまらない場合は、油か水をほんの少しだけ足して下さい。)

ギリギリまとまるぐらいがちょうど良い(ここ大切)。伸ばした時に端が割れる程度に。

ビニール袋で混ぜたい人は、それでも出来ます。

②伸ばして形成

生地を3ミリくらいの厚さに伸ばします。手で押し広げてもいいし、棒でコロコロ広げでも良いです。(私は菜箸!w)

好きな大きさに切って、アルミホイルに並べます。
3ミリは薄く感じるかもしれませんが、焼くと多少膨らみますので。

カロリーメイトみたいにしたかったら、爪楊枝や竹串で穴をあけて下さい。

③焼く

【グリル・オーブントースターの場合】
弱火で6分、返して4分、焼く。

途中で超弱火にすると(ギリギリまで!)キレイに焼けます。
最初から弱すぎると生地が温まりにくいので、焼き時間がかかります。

焦げそうな場合は、途中でアルミホイルをかぶせて焼いて下さい。

【フライパンの場合】
弱めの弱火で最初に6分、返して4分。

フライパンが一番キレイに焼くのが難しいですかね。

焼きたては多少しっとりしていますが、冷ますとサクサクになりますよー。

ポイント!

◆大きいスプーンやカップで適当に量っても、ギリギリまとまるぐらいの固さに生地が出来ていれば、まず失敗しません!超絶簡単です。

◆ヘルシーに、と思って油を減らして水分を足し過ぎると、中まで10分で焼きあがりません。水分は多くても大さじ1まで、あとは油で調整して下さい。

アレンジ・ショートブレッド

image
(バジル&粉チーズ&レモンのショートブレッド。オリーブオイル使用)
これが一番オススメです。

食事系ショートブレッド

基本のショートブレッドの砂糖を半量か1/3にして、塩を2つまみくらい(お好みで)入れます。あとは工程①で好きな材料を混ぜるだけです。

オススメ

バジル、パセリ、粉チーズ、ブラックペッパー、胡麻(白・黒)
バジル&チーズ、バジル&レモンの皮、パセリ&チーズ、パセリ&レモンの皮、パセリ&ブラックペッパー、胡麻&きなこ(きなこの分小麦粉減らす)などなど。

トップ画像は、バジル&レモンです。

おやつショートブレッド

image
(紅茶のショートブレッド。穴開けてみました!でも分かりにくい・・)

基本のショートブレッドに好きなものを足すだけですー(^^)

オススメ

ココア、刻んだドライフルーツ、刻んだナッツ類、シナモン、きな粉、紅茶、チョコチップ、レモンの皮、オレンジの皮

※紅茶の香りを強くつけたい場合は、極少量(大さじ1ぐらい)の熱湯で濃く入れて生地に投入、少し油を減らすか、薄力粉を足すなどして固さを調整して下さい。

ポイント!

水分が入らないことで、グリルやトースターでもサクサクに焼けます。あまり水分が増えると中心が少し生っぽくなりますのでご注意下さい。大さじ1ぐらいまでなら大丈夫です。
心配なら少し生地を薄めにのばして下さい。