ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

笠原将弘「おかず冷奴」を美味しく食べる3原則【レシピメモ】

 2015/09/10  

tofu
(出典:chef.gnavi.co.jp)

動画サイト(TV出演のもの)で気になったレシピメモです(゚∀゚)
立派なおかずになる。豆腐大好きだあ~

スポンサーリンク

笠原流・おかず冷奴3原則

今回はシンプルかつオリジナリティにあふれる笠原先生です。

kasahara5
(出典:laughy.jp)

眠たいのに鋭さを感じる重たい二重ですね(・∀・)

その1、水気を拭き取る

tofu2
キッチンペーパーで挟んで少し置いておきます。
時間がなければ表面を拭くだけでも良し。

味がぎゅっと詰まって、豆腐の水分で味付けが薄まるのを防げるそうです。

その2、かたい具を合わせない

豆腐の旨味や食感を活かすために、パリパリした野菜やかたい食材は合わせないようにしましょう。

笠原さんはキャベツと塩鮭を炒めてのせていました。

その3、ハッキリとした味付け

豆腐と合わせるので濃い目の味を意識しましょう。

大豆の甘みが引き立ちます。

”キャベツ・鮭炒め”の作り方

千切りしたキャベツと、塩鮭を一緒にフライパンで炒めます。(鮭をほぐしながら)

味付けは醤油とみりんのみ。鮭の塩気でしっかりとした豆腐に合う味付けになります。

kasahara-yakko

最後に万能ねぎ・黒胡椒を散らして完成!!

まとめ

大豆の甘み・豆腐の食感を活かす、お互いに高め合う組み合わせを~(^^)