ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

林修・世界の名著(BS)/第21回〜第25回まとめ

 2015/10/11  

book10
引き続き、『林修・世界の名著』で放送された本をご紹介します。

読みたい名著に出逢えますように。

【全放送の一覧はこちら】
「林修・世界の名著」本・ゲスト、全放送まとめ

スポンサーリンク

第21回「たけくらべ」樋口一葉(ゲスト:田中優子)


番組で使用されたのは新潮文庫です↑↑

田中優子は法政大学総長
樋口一葉(1872~1896年)は明治の小説家。文壇から絶賛される名作を残しているが、24歳という若さで肺結核により死去している。

「たけくらべ」は吉原を舞台に、将来遊女となる運命を持った少女の恋心や、思春期を迎えた少年少女の成長を和歌を連ねたような、流麗な文体で描いた傑作。(短編小説)

Wikipediaあらすじ冒頭。
勝気な少女美登利はゆくゆくは遊女になる運命をもつ少女である。対して龍華寺僧侶の息子信如は、俗物的な父を恥じる内向的な少年である。美登利と信如は同じ学校に通っているが、あることがきっかけでお互い話し掛けられなくなってしまう…

第22回「窓際のトットちゃん」黒柳徹子(ゲスト:久保純子)

黒柳徹子さんの小学校時代の自伝的物語。実際に徹子さんが通ったトモエ学園を舞台に、ちょっと変わった少女「トットちゃん」と「素敵な校長先生」とのふれあいを軸に描かれたノンフィクション小説で、累計発行部数およそ800万部。日本最大のベストセラーと呼ばれる名著。

第23回「人間の絆」サマセット・モーム(選び手:林修、聞き手:小野正嗣)


人間の絆 下巻 (新潮文庫)

第9回にゲスト出演した芥川賞作家の小野正嗣さんが聞き手となり、林修が選んだ「人間の絆」について語る回です。

面白かったので別記事にまとめました。
林修が小野正嗣に語る「人間の絆」サマセット・モーム

第24回「名人伝」中島敦(ゲスト:天野篤)


↑番組で使われたのは新潮文庫の短編集。

天皇陛下の心臓バイパス手術をした天野篤さんがゲスト。
単独記事にまとめました。
『究める』とは何か?天野篤が語る「名人伝」中島敦

第25回「盗まれた手紙」エドガー・アラン・ポー(ゲスト:羽田圭介)


↑番組使用は新潮文庫の短編集でした。

「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞した羽田圭介さんがゲスト。
単独記事にまとめました。
羽田圭介が語る現代ミステリーの礎「盗まれた手紙」【林修・世界の名著】

楽天で小説を探す

【全放送の一覧はこちら】
「林修・世界の名著」本・ゲスト、全放送まとめ