ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

旨い米をネットで安く買う方法!!安い特Aランクを狙え!!

 2015/09/16  

昨今、米はインターネットで買うべき商品としてかなり認知されています。重い・デカい・疲れるを一気に解消してくれるわけですから、使わない手はありません。

唯一の問題は価格と品質のバランスです。食べた感じ(美味しさ)と払った値段のバランスが微妙なお米に当たったことありませんか?

この辺りの仕組みをちょっと詳しく知るだけで、有名なブランド米と同等の品質のものを圧倒的に安く買うことができちゃいます。

スポンサーリンク

知名度の低い「特A」ランクを狙え!!

タイミングによっては良いのがない場合もありますが、あったら絶対買いです。今回買ったのは栃木県産『なすひかり』です。

「え?なに?栃木?なすひかり?知らね。」と思わせつつ、こっそり「特A」認定を受けた美味しいお米です。米の新種開発が目覚ましい昨今、”ひとめぼれ”など古い品種の価格下落に危機感を覚えた栃木県が新しく打ち出した品種。


この”なすひかり”、実は父に「コシヒカリ」母に「愛知87号」(ダレ?)を持つ血統米で、コシヒカリの性質を3/4も受け継いだ栃木期待のサラブレッドなのです。

16
(出典:日本穀物検定協会)

で、こんな感じで届きました!
nasuhikari
新米!!

写真左が「Aランクのひとめぼれ」右が「なすひかり」です。ツヤが違います。
rice12rice11


【10/13追記】
在庫切れで一時買えなくなっていた「なすひかり」が10/18に入荷予定です!
先月注文した時に新米だったので、おそらくまた新米ですよ!
試してみたい人はお早めにどうぞ。

「食味ランキング」を知ろう

日本穀物検定協会のHPへ行くと、全国の米の評価査定を知ることができます。

ランキングは次の5段階でつけられます。

【基準米】複数産地コシヒカリのブレンド米

  • 基準米よりも特に良好なものを「特A」
  • 良好なものを「A」
  • おおむね同等のものを「A’」
  • やや劣るものを「B」
  • 劣るものを「B’」

これらは①理化学試験、②食味官能試験(パネラーによる食味試験)で判定され、このやり方を云々言う人もいますが、家庭で食べる米を選ぶには十分活用できる基準となります。

「特A」のブランド米だと思って買ったはずなのに美味しくないのはなぜ??

原因は産地による差がほとんどです。

例えば同じ「コシヒカリ」でも新潟は特A、群馬はAと出来が全く違うのは分かる話ですが、問題は同じ県でも地方によってランクが違うことにあります。


平成26年のランキングを見てみると「あきたこまち」で有名な秋田県でも特Aは県南のみ。県北・中央地方ではA評価、つまり1ランク下の評価、美味しさが異なるわけです。

akita
(出典:日本穀物検定協会)

「秋田産の”あきたこまち”がこの値段なら安い!!」と思っても、だいたいは特Aじゃないんですね。特に有名ブランドは値段なりのものが多く、知名度が低いものはお手頃価格になりやすいので覚えておきましょう。

価格は毎年変動する

年に1度収穫されるお米は、品質・収穫量・人気など様々な要因で米の価格が変動します。

日本の米の品質は安定しているので、よほど気候条件が変わらない限りランクは大きく下がりません。ただし、新進気鋭の米で人気が急上昇した米は生産農家が一気に増え、翌年から品質や値段に差が出ることもあります。

マツコ効果で値段上がった?北海道『ななつぼし』

何年も前の話ですが、”月曜から夜ふかし”の米問題スペシャルで紹介されてから一気に有名になりました。

”ななつぼし”は4年連続「特A」評価を得ている優秀な米です。(ひとめぼれの子孫)

放送当時はまだ”なすひかり”と同じような立ち位置で、AMAZONでも1,500円前後で買えるものが多かったですが、人気もぐんぐん上がり、年々ジリジリと価格を上げていっています。


それでも特Aにしては安い方だと思いますが、近年は味のバラつきが目立つようになりました。(安い価格帯だと微妙なものがある)。生産が増えているのに検定の範囲も広すぎるんです。北海道は面積が広いのに地方ごとのランク分けがされていない。ランク的には得をしている気もしますが、消費者としてはどうにかして欲しいところです。値段上げるなら特に。

hokkai

結局、高い”ななつぼし”が美味しいことに変わりはないのですが、当時のような利点はなくなってしまったわけです。

しかも甘くて粘りが強い米の評価が高くなりすぎる時代ですから、”ひとめぼれ”系のさっぱり味の”ななつぼし”は良い評価を受けにくくなるかもしれませんね。

月曜から夜更かしで放送された『コシヒカリの大罪』という言葉を思い出します。

まとめ

米も流行り廃りの時代に突入、古い品種も新しい品種も、美味しいものは大切にしていきたいですね。

濃厚さが売りのコシヒカリや、サッパリ味が売りのななつぼし、最近は特徴が強い米が人気になりやすいですが、中間に位置する「あきたこまち」の特Aが本当に美味しいことも忘れたくないです。

とりあえず、今は絶対「なすひかり」です。

おすすめのブレンド

ご飯を食べて痩せてやる!!の記事でも紹介した、『発芽玄米』や『蕎麦の実』と一緒に炊くと健康的で良いですよねえ。(炊き方・配合も記事に載せています。)

2,000円の米買うなら”なすひかり”と”発芽玄米”買ったほうが絶対良いと思うんだけどなあ。