ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

「転職」と「新卒」の面接は大違い。怖がったり、緊張する必要なし!

 2015/10/13  

3

「嫌だ、緊張する、行きたくない、怖い」なんて考えてしまうのが転職の面接。
かくいう私もグダグダ半年~1年以上悩んだタチなのですが、行ってみると意外な発見がありました。

その時に感じたコツというか、考え方を紹介します。

  • 意外と楽しんでる自分がいた
  • 新卒の時より面接官が優しい
  • 落ちてもショックが小さい

嘘だ!!と思いますよね。

でも、本当にそうなんです。結果的には何十件も面接に出かけるようになったんですよね…。

スポンサーリンク

面接は怖くない!自分を偽らず、正直に。

4(photo by Dustin J McClure)

新卒の場合、自分を作ったり、偽ったりして面接に挑んでいる部分が少なからずあったと思います。今思えば「何も知らずに面接でバカなこと言ってたな」と思いますよね。

ですが転職の場合、1年だろうが5年10年だろうが、社会経験を積んだ上で、より自分の希望する条件の会社を選ぶものです。新卒のように何も知らない若者が自分を売り込むのとは全く違います。

だから面接では、その内容を相手(企業)に伝えるだけなんです。

「自分は○○な場所で働きたいです。理由は△△です。前の会社では○○が厳しい環境にありました。ですから、御社の○○に惹かれて応募しました。」

みたいに。

これは社会経験のない新卒には言えないことで、だからこそすごく相手に伝わるんです。
だって実際に経験して思った本当のことなんですから。

嘘は「合わない会社」を引き寄せてしまう

会社は社会人経験を積んだあなたが何を感じて働いてきて、今後どのような働き方を希望しているのかを聞き出したいはずです。さっき書いた、こっちが言いたいことと全く一緒なんですよね。

もしここで自分を偽り、口八丁なことを言って面接をしたら、また新卒の時と同じように合わない会社から内定をもらうことに繋がります。会社は嘘の貴方を「合う」と判断したのですから。そして貴方は「もう内定もらえないかもしれない」と保守的になり、働き出してしまうかもしれません。

せっかく勇気をもって転職を決断したのですから、ここで保守的になったら本末転倒です。またすぐに転職したくなる状況を自ら作るのは避けましょう。「嘘」をつくのではなく、「言いかた」を工夫するのが大切です。

転職は「社会人」対「社会人」が合意を求める場所

2
「自分をPRして売り込まなきゃ!」と思いすぎていませんか?

転職の面接は自分の能力を押し売りしたり、「こんな自分どうですか?」と査定してもらう場ではないので逆効果になることもあります。本当は、会社と個人がマッチングを行う場所なんです。

ですから「合わなかったらしょうがない!!」ぐらいの心構えで正直にいきましょう。その方がスムーズに受け答えもできますし、冷静に面接の状況を判断できます。

こちらが正直で真摯に受け答えをすると、例えマッチングが上手くいかなくても面接官は嫌な態度をしません。私の時は応援をしてくれる人までいました。そうなると例え「見送り」連絡が来ても「そりゃそうだよね」とショックも少なく済みます

これは本当に不思議なのですが、自分を偽った面接の時ほど「頑張ったのに何で」という悔しい気持ちが出たりするものなんです。ショックもデカいんですよねぇ。

どんな会社か見に行くつもりで、重たくならずに!

相手(会社)はこちらがどんな人間か知るために面接をするわけですよね。

でも、それはこちらも同じこと。前の会社と同じじゃ困るんです。
自分を受け入れる器のある会社かどうか、精査する気持ちで、どんどん見てくれば良いと思います。

自分と似た価値観の会社を探して回る、社会勉強のようなものですから。

参考までに、面白い会社に出会いたかったら。

ついつい大手の転職サイトにばかり登録しがちですが、ちょっとコアなサイトも捨てたもんじゃありません。

企業数は少なくても競争率は低いですし、大手では出合えない好条件の会社が眠っていたりもします。ちなみに私が大手企業からスカウトを受けた転職サイトも、誰も知らないようなニッチな所でした(笑)

登録はどこも無料なので、とりあえず登録して良さそうなサイトだけ活用するのも有りだと思います。

まとめ

考え過ぎると身動きがとれなくなってしまいます。

  • 新卒のような誠実さは求められていないから大丈夫。
  • 精査するのはこちらも同じこと。自然体で。
  • 無理のない面接をすれば、心的負担を軽減でき、楽しめるようになる。

とりあえず会社をいっぱいピックアップして、履歴書ガンガン送って、通ったら会社の様子を見に行く。行ってきたら自分を誉めてあげる。

これを繰り返しているうちに、丁度折り合いの良い会社に出合えます。

合格したら、しょうがないので働いてあげましょう。
喜ぶ日は、必ずやってくる

おすすめ転職サイト一覧

総合転職サイト(4つ)とIT向け転職サイト(4つ)をご紹介します。

最近、勢いのある転職サイトです。全て登録無料なのでよかったらどうぞ。

総合転職サイト

ピタジョブ

大手転職サイトの求人(マイナビ・DODA・Type)&企業サイトの求人(公式HPなどの求人)を集約させた情報量最大級の転職サイト。新しいサイトながら勢いを増しています。

履歴書登録をするとスカウトが受けられるだけでなく「求人企業とのマッチ度」や「前職との比較」をしながら求人を探すことができます。

pita

情報量が多い転職サイトに登録しておきたい人におすすめです。
カンタンに登録できるので、「後からだとやらないかも・・」という人は履歴書登録を済ませてしまいましょう。

【ピタジョブ】

リクナビNEXT

お馴染み大手リクルート。無料登録をすると自分の強みが分かる「グッドポイント診断(けっこう面白い)は履歴書を記入する際の活用にも。まだの人は診断も兼ねてまずは登録してみては?(グッドポイント診断やってみた)
【リクナビNEXT】

ジェイック(JAIC)

既卒、第二新卒向けの転職サポートサイト。
卒業後未就業の人、一度は就職したけど早めに仕事を切り替えたい人におすすめ。

転職業界全体ではなく、第二新卒を欲しがっている会社に焦点を合わせて紹介してくれます。キャリアカウンセリング、面接対策で色々と教えてもらいたい人、経験が少ない人や自身がない人におすすめ。

ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

ハタラクティブ

フリーター・第二新卒向けの転職サイト。カウンセリングをきちんとした上で、紹介の相談に乗ってくれます。自分一人で活動することに不安を感じる人におすすめです。登録・利用無料。
【ハタラクティブ】

IT系のおすすめ転職サイト

IT業界は将来が期待される隠れた優良物件が潜んでいます。
登録無料なので色々なサイトから探してみて下さい。

Switch

facebookを活用したスカウト転職アプリです。見られたくない企業をブロック/他人にばれない/顔写真、氏名はマッチングまで見られない/企業にFacebook情報は公開されません。安心して登録可能です。
Switch.

マイナビエージェント×IT

国内最大級の転職支援実績を持つ、お馴染み「マイナビ」のIT・Web業界専門エージェントです。全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業までニーズに合った転職を支援。
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>

ギークスジョブ

質が高い求人企業が多数、フリーランスエンジニア向けのマッチングサービス。(旧エンジニアナビ)。初めてのフリーランスに向けてのサポート支援も。
フリーエンジニア79.6%が金額アップ↑↑【ギークスジョブ】

ワークポート

IT・インターネット業界を専門にしているサイト。職務経歴書の添削から志望企業ごとの面接対策・年収交渉。円満退社まで転職活動全てにおいて無料でサポートしてくれます。
WORKPORT