ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

簡単サクサク!食パンラスクの作り方~焦げ・失敗知らずのオーブンを使わないレシピ

 2016/03/11  

rusk

オーブンを使わず、電子レンジ&フライパンサクサクのラスクを作ります。

フライパンでじっくり炒ることもできますが、電子レンジだと水分がキレイに飛ぶので上手に作りやすいですよ(^^)

食パンラスクの作り方

ポイントは電子レンジでの加熱の仕方です。

一度も失敗したことのない、焦げ知らずの方法をご紹介(*´艸`*)

【材料】

  • 食パン・・・1枚
  • バター(またはマーガリン)・・・大さじ1/2
  • 砂糖・・・大さじ1/2(+少々)


オリーブオイルでもOKです。

1、食パンを切る

食パンを好みの大きさに切り、耐熱皿に重ならないように並べます。
rusk3
あまり大きさがバラつかないようにしましょう。

2、電子レンジで水分を飛ばす

低いワット数で何回かに分けて加熱することで、焦げることなく均等に水分を飛ばします

おススメは300W(前後)で2分×3回です。

【ポイント!】
2分ごとに皿を取り出し、皿の上でフワッと軽く混ぜます(そんなに熱くないですが、火傷には一応注意)。

こうすることで均等に水分を飛ばすことができます。(皿に蒸気がつきますが、あまり気にしなくて大丈夫です)

皿を出した時、レンジの蓋は開けたままにして蒸気を外に逃すと尚良いです。

パンがカラカラになって軽くなるまで水分を飛ばすと、ここまで小さくなります。

rusk4

切る大きさによって時間が違うので、足りないと感じた場合は、30秒~1分ずつ追加で加熱して下さい。

あまりやり過ぎると焦げるので、最後の方がしっかり見張りましょう。

3、フライパンで味付け

冷たいフライパンにバター砂糖を入れ、弱火にかけます。

ヘラなどでバターと砂糖が溶け合うように混ぜ、そこへ先ほどの食パンを投入してザッと絡ませるように混ぜ合わせます。フライパンに付いているバターがパンに馴染んだら30秒ほど炒り、火を止めます。

4、仕上げ

火を止めたフライパンに仕上げの砂糖を入れ、ラスクに絡ませて完成です。

コーヒーやお茶と一緒にどうぞ。

rusk2

今回は仕上げの時にシナモンパウダーで香りづけしました。

他にはレモン・オレンジの皮(すりおろし)やココアパウダーもオススメです。

追記

あっさり系の分量のため、食パン全体にバターが行き渡らないかもしれません。これで十分風味がつきますし、サクサクしていますがお好みでバターの量を増やして下さい。

低いワット数でも一度に長時間やると水分のとび方が偏るので、2分ごとに混ぜるのを推奨しています。

まとめ

あれこれ書きましたが、ワット数微調整のレンチンだけ気をつければあとは簡単です。

オーブン使えなくなった時に考えたのですが、こっちの方がキレイに水分が飛ぶような気がします。ぜひどうぞー。

【関連記事】
料理・食べ物に関する記事を見る!

レシピに関する記事一覧を見る!