ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

【レシピメモ】激ウマ『茄子の冷製トマト煮』笠原将弘(おかずのクッキング)

 2015/09/06  

「おかずのクッキング」レシピを作ってみたらとーっても美味しくてハマったのでご紹介。

和食に合うトマト料理、良いの覚えました。

材料は家にあるのでアレンジできますよ。

スポンサーリンク

茄子の冷製トマト煮

[材料]

  • なす 3本
  • トマト 2個
  • 大葉 5枚
  • 粗びき黒こしょう 少々
  • サラダ油 大さじ2
  • 塩 少々

【煮汁】

  • 酒、酢 各小さじ2
  • 薄口醤油 大さじ1
  • はちみつ 大さじ1

作り方

とっても簡単なんです(ノ∀`)

1、材料を切って下ごしらえ

トマトは皮付きのままくし型切り。今回は1個を8等分しました。
cook15
茄子は皮をむいて大きめの乱切り。水に浸してあく抜きします。
cook14

2、炒め煮にする

フライパンに油をひいてなすを軽く炒め、トマトを投入。
調味料を全て入れて、ざっと混ぜます。
cook13
今回は蜂蜜→きび砂糖、薄口醤油→粗塩+醤油半分にしました。
(色をキレイに出すために薄口を使うと笠原さんが仰っていたので。)

落とし蓋をして、中火で2~3分、トマトの水分のみで煮ます。

3、冷まして器に盛る

煮えたら蓋をしたまま粗熱をとります。
冷蔵庫で冷しても良し(2~3日保存可と言っていました)

器に盛って完成!
cook12
青シソが無かったので、薬味としてミョウガを、彩りにソテーした塩味ピーマンを添えました。(ピーマンは香りが強いので一緒に煮ないほうが良いと思います。)

超うめー!!

笠原さんは何気にすごい

作ってみればわかる美味さ、こういう料理が多い気がします。

さすが“賛否両論”て店の名前にしちゃう人ですよね。
食材の組み合わせとか一瞬「え?」って思うものも、食べると美味しいものばかりです。

[土井さん+笠原さん=基本もアレンジも完璧]になれるんじゃないでしょうか。

おかずのクッキングってすごいですねえ。

まとめ~和洋万能トマト料理~

和風チキンステーキとか、ハンバーグの時の副菜に困ってたので、これは今後も重宝しそうです。

ポテサラじゃ重たいし、キンピラって感じじゃなく、もっと爽やかな副菜がいいなーって時に。

今回のレシピはこれに載ってますー

豊かな食事を。