ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

ニキビ肌が改善するまで15年。ケア方法など実践履歴。

 2015/07/13  

子どもの頃から悩んだニキビ肌。

何となくのケアをしながら生きてきて、気がついた頃(25歳)には赤み・痒み・皮脂・ニキビだらけのボロボロ肌。

アラサーとなった現在は、1ヶ月に一粒が出来るか出来ないか、ぐらいの状態まで回復しました。

ここまで来るのは簡単ではなく、悪戦苦闘の日々
本当にたくさんの方法を試しましたし、それなりに時間も掛かりました。

私のようにニキビで困っている人はたくさん居ると思います。
もちろん私の方法が、全ての人に効果があるとは限りません。

それでも、何か変わるきっかけになればいいな、と思います。

スポンサーリンク

私とニキビの戦いの歴史

①Uゾーンから拡大、顔全体がボロボロ肌へ

20代の前半、Uゾーンには常に10個以上のニキビがあり(Tゾーンも多少ある)、毛穴が詰まったようなニキビ予備が常に大量にありました。毎日新しいニキビが3〜5つぐらいでき、ニキビの無限ループ。ひどい時は顔全体が真っ赤でヒリヒリして痛くて痒くて、それでも見すぼらしいのが嫌だからと化粧して過ごす毎日、治るスキもありませんでした。

何とかしようとニキビに効くと噂を聞いては色々なものを試しましたが…

②ニキビ肌用を基礎化粧品を使う大切さ

高級化粧品だと肌に合わないことが多く、顔につけた瞬間ヒリヒリしたり、顔がムズムズしてくることが多かったです。たぶん、化粧品に様々な成分が入りすぎてるせいだと思います。

そこで自然派のものや、敏感肌用、ニキビ肌用、様々なものを試しました。

なぜニキビ肌用以外のものまで使ったかと言うと、「ニキビ肌用は強すぎて肌を痛めてしまい、ニキビの大敵である皮脂の分泌を促してしまうことがある」と聞いたからです。確かにに私の顔は、傷んだように赤くなり、ヒリヒリしたり、そのくせ脂性肌だったりしていました。

でもね、それってきっとニキビがたくさんできて本当に困っている人に向けた言葉じゃないと私は思いました。

実際、ニキビ肌用以外は顔がヒリヒリすることはないものの、なんだか妙にムズムズしたり、ニキビは少しずつ悪化。改善は見込めませんでした。

もともと出来やすい肌質ではなく、少し出来たニキビを気にして洗い過ぎちゃう人には確かにニキビ肌用は強いかもしれません。肌を痛める原因になり得ますからね。

でもやっぱり、ひどい状態の人は”ニキビ用”を使うべきだと思います。
ニキビの増え方、量が全く違います。大切なのは、

自分にあったニキビ肌用のケア用品を探し、いかに肌に負荷がかからないように使用するか

だと思います。

皮膚科推奨『NOV』との出合い

私が使った化粧品は有名なのだと以下の通り。
ハウスオブローゼ(敏感肌用・ニキビ肌用、ミルク系)、キュレル、AHA、NOV、他にも色々…

私の場合、一番効果があったのが「NOVのACアクティブシリーズ」でした。
(別記事に詳しくまとめました⇒本当にニキビに効果のあった化粧品)

洗浄力・保湿力・ベタつかない使用感、全てにおいてバランスが良く、最近はネット上でもすっかり評判の商品となったようです。
私は下地やファンデーションも全てNOVの製品に切り替えました。

NOVは昔皮膚科に置いてあるのを見ていたし、先生にお勧めされて使ったこともあるので安心感もありました。
ちなみに最近は「ドクターズコスメ」を名乗る怪しい商品が色々でてきてますが、他の皮膚科でも度々目にしたので、NOVを推奨してる皮膚科は実際に多いと思います。

明らかに肌に合っていて、ニキビがだいぶ減りましたが、完全撲滅まではならず…

③『転機』 「ニキビは皮膚科へ」のCM

baby2

そんな時、テレビCMで柳原加奈子の「ニッキッビーはー皮膚科へ〜♪」のCM。懐かしいですね。

早速ネットで調べて病院へ行き、飲み薬(抗菌薬・ビタミン剤)と塗り薬を併用しながらの治療。その期間は「NOV」を使い続けていました。

通い続けて半年後、私にとっては奇跡の、待ちに待った「ニキビ・ゼロ!!」何年ぶりだったでしょう。初めてニキビが出来たのが小学生。10年以上ぶりだったと思います。感動の瞬間。
そして病院から卒業したのでした。

今もNOVは使ってますが、クレンジングはNOVから卒業し、もっぱら小麦粉クレンジングです。(ニキビが治るまでやらない方がいいよ)

⑤絶対やってはならないこと7つ

私の経験上、絶対にやってはいけないことは以下の7つです

  1. オイルクレンジング
  2. こすり過ぎるクレンジング、洗顔
  3. ニキビがある状態での弱過ぎるクレンジング液(汚れが残ってしまう)
  4. 砂糖や油を摂取しすぎる
  5. ストレスをためる、寝不足(仕事をしていると、これが一番難しい)
  6. ニキビを触る(髪も出来るだけ当たらないようにする)
  7. ニキビがたくさんある状態で油系の保湿をしすぎる(ニキビが悪化するため)

⑥おすすめ市販薬

私がMAXに悩んでる時は売ってなかったんですけどね…

「大人のニキビに効く治療薬・メンソレータムAcnes25」

今でも稀に一粒ニキビが出来ることがあるので、使っています。市販薬では一番効果があると思います。

【関連記事】
ニキビ肌に朗報!オルビス・クリアを無料サンプルで試しちゃおう!
ニキビ肌を本気で治したい人へ
本当にニキビに効果のあった化粧品