ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

フェルト生地&手ぬぐいで簡単!布ナプキン(軽い日~普通用)でカブれ対策【女性限定】

 2016/02/16  

フェルト生地(ホルダー用)と手ぬぐい(替えパッド用)を使って布ナプキンを作りました。

作ってみた&使ってみた感想としては

  • 簡単
  • 吸収性良し
  • 汚れ落ち良し
  • ムレない

です。

市販の使い捨てナプキンでかぶれやすい人には使い心地抜群。タオル生地を使う人もいるようですが、私は座った時に厚さが気になるのでこっちが好きです。

フェルトも切りっぱなしで縫う手間が減るので、私のような面倒臭がりにもおすすめです。(もちろん、多少は縫いますよ!)

スポンサーリンク

布ナプキンの仕上がり2パターンを比較

手ぬぐい落とすの絶対嫌!ですよね。ということで、余った布2パターン対策をとってみました。(写真はもちろん未使用時のものです。)

▼パターン①
cloth3

▼パターン②
cloth1

で、替えパッド(手ぬぐい折っただけ)を装着するとこんな感じ。

▼パターン①
cloth4

▼パターン②
cloth2

の方がパッドの長さや厚みを気にせず装着しやすいかな?と思います。落ちにくいのも②の方でした。そんなに変わらないので好みで大丈夫だと思います。

布ナプキンは吸収の仕方が違います!

布ナプキンは市販のものと違って、吸収したものが横や後ろにあまり流れません

どちらかと言えば縦に吸っていく感じなので、長さを出すくらいなら畳む回数を増やして少し厚さを出した方が安心です。なので、個人的にはあまり長さはいらないと思います。

では今回使ったもの、素材や型紙について少しだけ。

用意するもの

cloth5

  • 洗えるフェルト
  • スナップ
  • 手ぬぐい
  • 糸と針とハサミ
  • 紙とペン(型紙用)

手ぬぐい

手ぬぐいは汚れ落ちもよく肌にも優しい好素材です。

吸水性も抜群なのですが、逆を言えば多い日は頻繁に交換が必要になります。手間をかけられない人は、多くない日おりもの用に使うのがおすすめです。

値段によって生地の良し悪しに差がありますが、安いものだと100円ショップでも売っています。100円ショップのは使ったことがありませんが、軽い日やおりもの用なら問題なく使えると思います。

洗えるフェルト

吸水性が良い割に、経血が染みにくいのが洗えるフェルト(個人的な感想ですが)。汚れも落ちやすく、跡が残ることなくキレイに使えます。

最近はどこにでも売っていて、ネットショップ、100円ショップにもあります。
ただし100均の場合、素材・色の良いものもあるのですが(容量少ないけど)、素材が粗いものもあります。安価なフェルトは、洗うと伸びてヨレヨレになってしまうことも・・・。

高いものではないので、良い物が見つけられない場合はお店で買っても良いと思います。

型紙

横幅縦の長ささえ間違えなければ、フリーハンドで書いた型紙でも大丈夫です。

私は横と縦の線を定規で引いてから、カーブの部分は手書きで書いて作りました。きちんとした形で作りたい場合は載っているサイトもあるのでそれを参考にして下さい。

参考までに私が使っている型紙の寸法の図です。
cloth6

  • ①(水色)16.0cm
  • ②(緑)23.0cm
  • ③(赤)6.4cm

縦、横ともに最低限この長さは必要です。型紙を切ったら一度自分のサニタリーショーツで確認して下さい。

布ナプキンの作りかた

では、超簡単な作りかたです。

【フェルト生地のホルダー】
①型紙を作る
②フェルトに線をひく
③切る
④ポケット的な部分を適当につける
⑤スナップを縫う

【手ぬぐい替えパッド】
①手ぬぐいを半分に切る
②端を三つ折にして縫う(ほつれ防止)

縫い方は基本的に好きな縫い方でOK。誰かが見るわけじゃありませんしね。

※手ぬぐいを畳む時は、まず十字に四つ折り。それを更に縦方向に2回折って細長くするとちょうど良いはずです。

固形石鹸でキレイに洗う、落ちる!

洗う時は、お風呂に入る時などに固形石鹸で洗うとキレイに落ちます。

他の方法では洗ったことがないので分かりませんが、この素材ならこれで十分です。私が今までやった中では跡が残ったことはありません!

外出時は綿100%のいらないTシャツをとっておいて、切りっぱなしのまま持って行って使い捨てする時もあります。Tシャツがある時は活用したいですよね。

重い日の工夫

重い日も使いたい、けど仕事や外出の時が心配・・・。という時、私は市販のおりものシート(もしくは薄いナプキン)布ナプの下につけています。

薄くて小さめのものなら肌に直接触れないし、万が一貫通してもシートが染みを防いでくれます

重い日の夜は、布ナプ+おしり側に市販のナプキンを貼ります。かぶれ防止のためには、その上にタオルハンカチを敷くと効果的です。

以前は重い日だけ市販のナプキンを使用していたのですが、どうしても肌がカブれるので今は生理中ずっと手作りのものを使っています。カブれ体質って大変・・。

まとめ

先日、久しぶりに1週間近く市販のナプキンを使用したら、見事にカブれました(^_^;)
ヒートテックなどの化学繊維に弱い人はおススメです。私はもう手放せません・・・。

生理中、少しでも快適に、手間をかけすぎずに過ごすため、試行錯誤は続きます。