ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

根が深い”大人ニキビ”はゆっくり治すのが基本〜焦らないことが近道

 2015/08/19  

women19根が深い大人ニキビはなかなか治りませんよね。私も繰り返す慢性ニキビに困っていた時期があります。(時期と言うか何年も・・)

どんな化粧品を使っても、市販薬を塗っても、根が深くて全く効果が出なくて毎日が憂鬱になってしまうんですよね・・。

そんな困ったちゃんな大人ニキビ、今回は原因と対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

根が深い原因は悪化しすぎたこと

8
まずはニキビが悪化していく過程を知りましょう。

毛穴に角栓(コメド)が発生⇒初期状態が白ニキビ⇒酸化して黒ニキビ⇒炎症を起こして赤ニキビ⇒膿が溜まって黄ニキビ⇒更に悪化し大きく膨らんだ紫ニキビ

この中で根がはるのは赤ニキビ~で、肌の真皮層(深い部分)にまでダメージが及んでいます。治るまでには時間がかかり、跡が残ってしまう可能性が高い状態と言えるのです。

恐らく悩んでいる人は「黄ニキビ」「紫ニキビ」が多いはず。ある程度時間がかかることを認識し、ニキビが悪化しすぎてしまう原因を取り除いていくことが一番の近道になります。

肌のターンオーバーを正常に戻す

普通、ニキビができやすい肌の人でも白ニキビ~赤ニキビの症状で留まることが多いもの。それは肌のターンオーバー(産まれ変わり)によって、肌が勝手にキレイになるように循環してくれるからです。

それ以上に悪化してしまうということはターンオーバーが正常に機能していない可能性が高いです。ターンオーバーを乱す原因を改善し、これ以上悪化しない肌状態に戻していきましょう。

ターンオーバーを乱しているもの

以下の原因が考えられます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 誤ったスキンケアによる肌への刺激
  • 食事・睡眠・運動などの生活習慣

ホルモンバランスの乱れ


ホルモンバランスの乱れは忙しく働く現代女性に起こりやすく、大人ニキビに悩む女性が増えた原因とも言えます。

仕事によって自律神経が活発に働き、興奮状態が続くことで男性ホルモン過多の状態に。男性のヒゲが生えやすいUゾーンにニキビができやすくなってしまいます。オンオフをしっかりとし、リラックスできる時間を多く確保するよう心がけましょう。

スキンケアの正しい選び方


刺激性の強い化学物質が使われたスキンケアは肌への刺激になります。

特にニキビが悪化しやすい人は肌が過敏になっており、影響を強く受けやすいもの。低刺激性のものや、ノンコメドジェニックの商品を使用することをオススメします。

※ノンコメドジェニックとは、ニキビに悪影響を及ぼさないかテストが行われている商品です。ノンコメドジェニックなら絶対ニキビができない!というわけではなく、合う合わないはもちろんあります。最近は複数社から発売されているので、トライアルセットなどを活用し、自分に合うものを探しましょう。

生活習慣


肌に影響を与える生活習慣の乱れには2種類あり「肌の回復を阻害するもの」と「肌状態を悪化させるもの」に分けられます。

「肌の回復を阻害するもの」としては、睡眠不足・偏食によるビタミン・ミネラルなどの栄養不足があげられます。

「肌状態を悪化させるもの」としては、油脂や糖分の過剰摂取・運動不足による体内循環の悪さがあげられます。

睡眠にしろ食事にしろ正解はないので、自分の肌と相談しながら、自分に合った量や方法を見つけていって下さい。

皮膚科のケア

皮膚科の先生に「ノンコメドジェニック」ということで紹介してもらってから、長いこと「NOV」にお世話になりました(途中浮気しましたが)

肌が極悪の状態で何を使ってもピリピリして、そのくせ脂浮きも酷かった時に唯一使えた商品です。低刺がほとんどなく、ニキビが完全になくなるまで使っていたので、スキンケアに困っている人にはオススメです(^^)

20年ぶりにニキビがない自分…、本当嬉しくて感動します。
出かけるのも遊ぶのも、色々楽しくなってきます。だから、頑張りましょうね!

【ニキビ関連記事】
ニキビ肌に朗報!オルビス・クリアを無料サンプルで試しちゃおう!

慢性的なニキビ肌を本気で治したい人へ

皮膚科推奨の化粧品が結局すごかった

私がニキビを治した方法