ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

乾燥しやすい肌のニキビに「ルナメアAC」がおすすめな理由&乾燥ニキビの原因解説

 2015/11/14  

women17(photo by Anna Logvinova)

自分の肌状態によって、スキンケア選びは変わってくるもの。だからこそ乾燥肌でニキビができてしまう原因を知るのはとても重要なことです。

今回は乾燥ニキビの原因と、なぜそれにルナメアが有効なのかを解説していきます(いちおう元・化粧品会社勤務なので、多少は知っている・・・つもりです)。

スポンサーリンク

乾燥肌なのにニキビができる理由

「肌の内部が乾燥している」かつ「皮脂の分泌量が少ない人」は肌表面のバリア機能が低下し、毛穴が細く縮まって汚れが詰まりやすくなっています。(部分的な乾燥が気になる混合肌も同様)

※バリア機能は、肌表面のうすーい角質層のことで、水分の蒸発を防いだり、外からの刺激から守ってくれる働きをしています。

健康な肌の人は汚れを排出できるのですが・・・

バリア機能が低下すると肌が弱っていき、肌の水分を蒸発しやすい状態になり、乾燥の悪循環を引き起こします。すると、肌の再生機能(俗に言うターンオーバーってやつです)が上手く働かないので汚れが溜まったままになってニキビができてしまいます。

健康な肌の人は肌のターンオーバーが正常なので、多少汚れがついても軽い洗顔程度で汚れを排出できるんです。「化粧を落とさずに寝ちゃった」とか言って、肌がキレイな人っていますよね。ああいう人は肌が健康だということになります。うらやましいですね・・(私は肌が弱い)。

バリア機能&ターンオーバーを正常に戻そう

つまり、ニキビ肌の人にとって大事なことは「ターンオーバーを正常に戻して健康な肌に戻す(バリア機能を再生する)」ことなのですが、この時スキンケアで必要になってくることは・・

  • 1、キメの細かい泡で優しくしっかり洗顔
  • 2、保湿力のある化粧水でバリア機能(ターンオーバー)を回復

この2つです。

1では縮まって汚れが溜まりやすくなった毛穴を優しくキレイにし、2で肌の内部から状態を整えていきます。

1つだけ注意して欲しいのは、肌に刺激の強い化学物質が使われていない商品を選ぶことです。せっかく優しくケアしても、成分が肌を刺激してしまえばプラスマイナスゼロか、むしろマイナスになりかねません。

ポイントは「乾燥肌に昔のニキビケア方法は合わない」ということ

乾燥肌でニキビができる人というのは、昔からよくあるニキビ肌のとは少し違う「近代的なニキビ肌」の人です。以前化粧品会社に勤めていた時、そういった乾燥型ニキビ肌の人にたくさん出会いました。昔は今より乾燥ニキビが少なかったなかったそうなんですけど、今ってすごく多いんですよね。

で、乾燥ニキビの人が増えた理由は生活環境仕事環境の変化だと言われていますが、そういった人の場合はスキンケアの選び方を少し考えなければいけません

昔から皮膚科に置いておる「NOV」を私はニキビ肌の人におススメしていますが、乾燥肌の人の場合はこれだと少し合わないことがあります。

そこでオススメなのが最近ジワジワ評価を上げている「ルナメアAC」です。乾燥ニキビ肌の人から高評価を得ていますし、私の友人もこちらがピッタリ合い、ニキビを克服しました。

では、ルナメアが良い理由について簡単に説明していきます。

「ルナメアAC」はナノテクノロジー

20(ルナメア公式サイトより)

ルナメアは富士フイルムが「ナノ技術」を活かし、肌に優しい繊細なケアを可能にしています。

ハーバルエキスと細かい植物ファイバーの泡で優しく毛穴の汚れを落とし、ナノテク化粧水で肌の奥まで浸透させる。まさに乾燥肌にうってつけのニキビケアなんです。

  • ニキビ専用ケアだとつっぱりが気になる
  • 普通のニキビケアだと乾燥する
  • アゴや口周りの大人ニキビを繰り返す
  • 安心できる成分のものを使いたい

特にこんな人におすすめ。

では、安心できる成分とは一体どういうことなのでしょうか?

「ルナメアAC」はノンコメドジェニックテスト済み

doctor
ノンコメドジェニックテストとは「ニキビに悪影響が見られない」というテストで、つまりは低刺激性ということ。ニキビ肌が使用するスキンケアを選ぶ基準として多くの皮膚科の医師も推奨しています。

またルナメアは無香料・合成界面活性剤不使用なので、刺激を受けやすい「弱っている肌」の人が刺激を受けにくい処方になっています。

ルナメアの「うるおい成分」

グリセリン・ビタミンEを配合しています。

グリセリンは海藻などに含まれる成分で、高い吸湿性を持つため肌に潤いをキープしてくれます。

ビタミンEはアーモンドなどナッツ類に多く含まれる成分で、抗酸化作用・保湿効果・抗炎症作用など、肌を健康な状態にキープする役割を担ってくれます。

ルナメアの「有効成分」

グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステルを配合しています。

グリチルレチン酸ステアリルは「抗炎症作用」を持ち、肌にできているニキビやその予備軍に働きかけ、悪化を防いでくれます。

トコフェロール酢酸エステルは「ビタミンE誘導体」で抗酸化作用を持っています。スキンケア直後から時間が経つごとに肌は酸化していくのですが、それを防いで肌荒れ防止に役立ってくれます。

ルナメアACまとめ

乾燥ニキビ肌に大切なのは「細かい泡の洗顔」「保湿」でしたよね。

ルナメアACは

  • もっちり泡のファイバー洗顔で、小さな毛穴汚れまで優しく落とす
  • ナノテク保湿で肌内部まで浸透
  • ノンコメドジェニックの低刺激商品で肌に優しい
  • 「うるおい成分」で水分を肌にキープ
  • 「有効成分」で炎症を抑え、酸化を防ぐ

こだわって作られたワンランク上のニキビケアです。

トライアルセットで手軽に試せるので、自分に合うスキンケアが見つからず悩んでいる人は試してみて下さい。

初回限定¥1,000(送料無料)です。
ルナメアAC