ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

引っ越しはゴミ捨て勝負!~1ヶ月前からの手続き・準備とポイントまとめ。

 

boy(photo by gagilas)

人生で10回目の引っ越しをします。

引っ越し偏差値は前より高くなっているはずなので、準備しておくことまとめ(メモ)。

やろうと思えば1週間でできるのですが、そりゃあもう必死にやらなきゃ追いつかないので、ちょっとずつ準備しておくのがおすすめです。

しっかり準備しておけば、引越し後の片付けも楽になるんだなぁ。

スポンサーリンク

1ヶ月前からできる準備まとめ

まずは早い段階でやっておくべきこと。

  • 退去の連絡
  • 引越し先と退去日時の決定
  • 荷物・ゴミを減らしていく(重要項目)
  • 粗大ごみの処理(使ってないもの)
  • 引越し業者の決定

ゴミは引っ越しを楽にするための重要ポイント!

いらないものを捨てる。

ダンボール詰めの時に始めると、これがもう大変です。げんなり。
げんなりすると、人はどうするのか?

とりあえず、ダンボールに詰める。

引越し先に持っていく人、多いんですよ。
これが引越し後の片付けを楽に行えるかに大きく影響するのに、です。

洋服、食器、雑誌、半永久的に使わない書類など、少しずつ捨てましょう。捨てるものがないつもりでも、やってみると大きなゴミ袋何袋分にもなります

一気に捨てると大迷惑!かもしれませんよ。

一気に捨てるのは集積場によっては大迷惑。捨てるこっちも申し訳ない気持ちに・・。
ダンボール詰めをグググ~っと楽にするためにも、分けて捨てていきましょう。

粗大ごみは早めに処理を。

処理方法は自治体によって異なりますが、早い段階で予約しないと引越前に回収してもらえず、予約日前に指定場所に放置するハメになることもあります。大迷惑です。日常的に使う家電などは早く捨てすぎると困ると思うので、予約だけ(必要な自治体は)済ませましょう。

まずは薄汚れた絨毯とか。布団とか。汚くなった小さい棚とか。ありませんか?

次、引越し先と日時が決まったら早めにやっておきたいこと。

1~2週間前までに終わらせておきたい準備まとめ

契約関係で、事前に申請できるものはしておきましょう。

  • 公共料金の停止申請
  • 郵便の転送届
  • 転出届けの手続き
  • 粗大ごみの処理(直前まで使いたいもの)


他にも新聞や保険など事前申請が可能なものはしてしまいましょう。
郵便の転送は手続きに1週間ほどかかるので、ギリギリにならないように気をつけましょう。

転出届はだいたい2週間前くらいから行えます。各市町村で確認して下さい。

公共料金の申請

公共料金の申請は電話・インターネットで可能です。近場で引っ越す場合、電気など管轄する会社が同じなら停止・開始申請を同時に行える場合があります。管轄が変わる場合は、開始連絡も別途必要です。ガスだけは利用開始時に立会いが必要です。

引越し後に行う手続き

銀行カード・免許証など住所の証明がなければ住所変更が行えないものもあります。事前にリストを作ると申請漏れを防げます。

直前!!1週間前にやるべき準備まとめ

さ、ここまで準備しておけば楽勝です。

  • ダンボール詰め
  • 諸々の確認
  • 掃除

用意周到な人は、既に使わないものを数箱ダンボールに詰めている頃。

ここで手続き関係を再確認しましょう。確認したつもりでも一つぐらい忘れていることがあります。色々と準備しておいても、2~3日前は意外と忙しいもの。1週間前に確認したいですね。

掃除をする派としない派

ぶっちゃけどっちでも良いんですが、「今までありがとう」の気持ちを込めて、軽くでも掃除をした方が天国に行けるのではないでしょうか。

まとめ

例えば、少しずつ捨てると10袋になるのに、バタバタすると6袋しか捨てられない。

つまり4袋分のゴミ(要らないもの)と仲良くお引っ越し。
そして早く片付けたい人は、また押入れにしまうことになるのです。

さ、ゴミ捨てましょう。

あ。

その前に引越し業者選ばなきゃ。気持ちがはやってます。
(実は次どこに住むかも決めてない。退去連絡済み。)