ピソっと情報局。

料理と本と健康と美容と着物と仕事と、ときどき昼寝。

アーモンドブリーズの栄養と効果まとめ

 2015/09/19  

almond-breeze2
(出典:http://almondbreeze.jp/)

アーモンドブリーズの中でもシンプルな「砂糖不使用」をベースに、含まれている栄養と、その効果をまとめました。

スポンサーリンク

アーモンドブリーズの栄養

almond-breeze
公式HPから拝借して参りました。

この中で注目すべき栄養はビタミンE・マグネシウム・脂質です。

ビタミンEの働き

ビタミンEは血管の働きに作用します。毛細血管を拡張して働きを良くするので、冷え性や肩こりに効果的です。血流が良くなることで肌荒れの防止にも役立ちます。

また、抗酸化作用、コレステロール値を下げる働きもあります。(善玉コレステロールは下げない)
成人女性の1日あたりの必要摂取量6,5mgより多い8,9g。

マグネシウムの働き

海藻に多く含まれる栄養素ですが、現代人が不足しているミネラルの一つと言えます。エネルギー代謝,筋肉の収縮,血圧調整,体温調整,血糖値の調整などに働いています。また、体内の酵素に働きかけ、腸内での水分調整をしてくれるので、お通じが良くなります。
(成人女性の1日あたりの必要摂取量270mgの1/10以下)

脂肪の働き

アーモンドに含まれる脂肪のほとんどはオリーブオイルと同じ「オレイン酸」という不飽和脂肪酸です。こちらもコレステロールの酸化を防ぐ効果があります。

「ビタミンC」も摂取するとなお良い

活性酸素を攻撃したビタミンEは、活性酸素を消す力がなくなってしまいます。ビタミンCは、そんなビタミンEを元に戻す働きがあるので、ビタミンCと一緒に摂取した時に最大限に力を発揮できるそうです。

ビタミンを含んだフルーツとスムージーを作ったり、一緒に食べたりするとより高い効果が期待される、ということです。

アーモンドブリーズ「オリジナル」になると

almond-breeze-original

比較してみると、エネルギーが少し多いだけで、他はほぼ一緒。

ちなみにチョコ(102kcal)・コーヒー(83kcal)・バナナ(79kcal)はカロリーが高くなるだけで他はほぼ一緒。チョコレートだけはマグネシウム値が21mgと少し高めになっています。

結論

血流を良くし、肌や腸の調子を整えてくれる。活性酸素と戦い、コレステロール値を調整してくれる。健康になって代謝が上がれば、ダイエット効果も期待できる。

何でも過剰摂取はいけませんから、毎日適量を続けるのが一番良いと思います。

ネットは箱売りですが、冷蔵庫にドーン!ていっぱい入ってると贅沢な気がして嬉しくなりますよ。バラで少しづつだと結局買い足さずに続かなかったりするし、続けたい商品は箱も悪くないな、と思いました。

私はチョコとオリジナルが好きです。

(2016/4/6にてAMAZONの送料無料は終了しています。プライム会員は送料無料のままです。詳しくはサイトにてご確認下さい。)